癖にならない 便秘薬 常用性のない 依存性のない 便秘薬の選び方とは??

便秘薬が便秘をより悪化させている!

慢性的な便秘の人は要注意。

普段何気なく飲んでいる便秘薬が
便秘を改善するどころか
日に日に悪化させているんです。

もともと出にくい便秘が
便秘薬が原因でさらに悪化しています。

むしろ、あなたの腸をどんどん
状態を悪くしているんです。

日常的に飲んでいる便秘薬だからこそ
こだわって選ぶ必要があるんです。

普段何気なく飲んでいる便秘薬や
すっきりするお茶のほとんどは
依存性や常習性と言われる成分が
主成分のものがほとんどです。

だからこそ、本当にこだわって
選ぶ必要があるんです!

多くの便秘薬に使われている依存性や常用性の高い下剤成分とは??

こんな成分に要注意!

市販の便秘薬のほとんどは
依存性の高い成分を主成分にしています。

飲めば飲むほど腸の状態を悪化し
どんどん出ない体質に変えていきます。

言うなれば、薬漬けの体に変えていくのです。

便秘薬を飲んでいるけど

・だんだん効かなくなってきた!
・お薬飲む量が増えた

など実感ありませんか??

アントラキノン系と言われる成分が
依存性がある成分と言われています。

代表的なものが

・キャンドルブッシュ
(ゴールデンキャンドル、カッシアアラタ)
・センナ
・アロエ
・大黄

などなど依存性の高い成分と言われています。

これらが主成分の便秘薬を
飲み続けることでどんどん腸の
状態が悪化していくのです。

この依存性の高い便秘薬を
飲み続けることで大腸メラノーシスという
腸が黒色に着色する変化も報告されてます。

腸が色がつくだけでなく、伸びた
ゴムのようにうまく働かなくなるんです。

なので、これらの成分が限りなく少ない
便秘薬を選ぶのがポイントです!

慢性便秘の人の治療に使われる漢方薬 防風通聖散

慢性便秘の治療にも使われる便秘薬!

便秘薬依存の人の治療にも使われてる
漢方薬が防風通聖散という漢方薬です。

成分的には、大黄という成分が入ってますが
市販の便秘薬と比べると限りなく
少ないのが特長です。

実際に便秘外来でも使われているんですよね。

「防風通聖散(漢方薬)」には、アントラキノン系の生薬が入っていますが、その量が極端に少ないので、安心して使うことができます。しかもかなりの効果が得られます。

引用元:松生クリニック

便秘の松生クリニックでも食事療法と
依存性の低い便秘薬との併用での
治療を推奨しているんですよね。

その中でも依存性が少なく
かなりの効果が得られると推奨
されているのが漢方薬の防風通聖散なんです。

>>防風通聖散の詳細を確認する! 

少し味が独特ですが、すっきりしたい人には
ぴったりの漢方薬なんですよね。

防風通聖散は最近では、食欲を増進させる
グレリンというホルモンを抑制する
働きがあることもわかってきています。

なので、ダイエットなどの分野でも
注目されている漢方薬なんです。

実際に高度の肥満の治療にも
使われている漢方薬なんです。

普段から便秘がちでお腹周りに
お肉がつきやすい方にはぴったりなんです!

依存性の高い成分も限りなく
少ないので安心して使えるのも魅力なんです!

>>防風通聖散の詳細を確認する! 

 

「癖にならない 便秘薬 常用性のない 依存性のない 便秘薬の選び方とは??」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です